2014年06月09日

日本の美容院はすごすぎる!中国人女性が日本の美容院を初体験



2014年2月12日、日本の美容院を初めて訪れた中国人が、その様子をブログにまとめた。以下はその概要。

東京に滞在中、髪の毛がだいぶ長くなったので、美容院に行くことにした。実を言うと、前から日本の美容院を1度体験してみたかったのだ。ネットで検索して見つけた、台湾人お勧めの美容院に行くことにした。

美容院に入ると、まず美容師との髪形の相談から始まる。私は日本語がほとんど話せず、英語で話すしかなかった。すると美容師は、若い男の子を呼んできて通訳させた。彼の英語があまりに上手なので驚いた。

その後、私は洗髪に行った。日本の美容院の髪の洗い方は少し違う。コンディショナーを塗った後、タオルで髪を包む。すべて洗い終わった後には、また温かいタオルで髪を包む。これがとても気持ちが良い。

カットする場所に移動すると、先ほどの男の子が無料ドリンクのメニューを持ってきて、「何になさいますか」と聞いた。私は「ドリンクメニューまであるの!?」と仰天した。中国や米国の美容院なら、水1杯も出てきやしないだろう。私は感激しながら紅茶を注文した。

ここからは美容師の出番だ。それはもう神技のような手さばきで切っていく。「そんなに早く切ったら頭に刺さるんじゃ…」と心配したほどだ。私が確認のためにもう一度、希望の髪形を美容師に伝えると、美容師は手を止めて真剣に聞いてくれた。その接客態度を見た私は、これなら何も言わなくてもきれいにカットしてくれるだろうと安心した。

カットがすべて終わり、支払いをしようとレジに向かうと、私が預けていた荷物をいつの間にか持ってきてくれていた。私は、これまでこんなに人に尽くされたことがなかったので、ドキドキしてしまった。最後に美容師と男の子は店の外まで送ってくれ、「ありがとうございました」とお辞儀をした。その姿を見て、私も思わず深々とお辞儀をしてしまった。髪形も私の希望通りになり、これで7000円なら言うことなしだ。

日本の美容院のサービスレベルの高さには本当に驚いた。以前、私はそんなにしょっちゅう高い料金の美容院に行く方ではなかったのだが、この分では私の髪の毛は一生短いままになってしまいそうだ。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=83320
(翻訳・編集/北田)


twitterでシェア!


facebookでシェア!





posted by ☻ at 05:53| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。