2014年07月06日

美容師が使用するハサミの基礎知識

美容師が使い分けている複数のハサミ。種類がとても豊富で、カット方法や仕上がりによって使用するハサミは異なります。こちらでは、美容師が使用するハサミの基礎知識についてご紹介したいと思います。



【ハンドルの名称】

メガネハンドル
シンプルさが特徴で、古くから使用されているロングセラーのハンドルです。メガネハンドルは、他のハンドルと比べ、裏返して使用する事ができるため、自由度が高く、テクニカルなカットができます。

オフセットハンドル
初心者でも、比較的安定しやすい構造となっているハンドルです。手が小さい方でも開閉しやすく、女性に大変人気の高いハンドルです。

3Dハンドル
スタイリッシュな3Dタイプのハンドルで、手にしっかりとフィットしてくれるため、長時間使用しても手が疲れにくく、ハイパフォーマンスなカットを持続する事ができるハンドルです。



【刃の種類】

シザー

直刃・・初めてシザーを購入される方にはおすすめの形状で、直線的なデザインが特徴です。他の刃のシザーの代用としても使用できるため、使い勝手に優れた形状です。

笹刃・・バランスが良く、質感の表現に動きを出しやすく、細かなカットが可能なため、様々なカットに対応できます。

カーブ刃・・刃先が上向きになっているため、毛量調整や質感調整に優れた形状です。

セニング

段刃・・段のついたセニングの刃が、髪の毛の抜けを良くし、滑らかな切り口になるのが特徴です。また、髪の毛を逃しながら切るため、カットラインが目立ちにくいという魅力もあります。

クシ刃・・セニングの刃がクシ状となっているのが特徴で、髪の毛の抜けやすさを重視した形状となっております。

V溝刃・・クシ刃にV型の溝が入った形状となっており、髪の毛をVの溝にしっかりと挟んでカットします。

twitterでシェア!


facebookでシェア!





【関連する記事】
posted by ☻ at 11:36| Comment(0) | ハサミの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。